ニュース・コラム
  • HOME
  • 更新情報
  • (TOKYO2020+1)二人三脚14年、才能信じた監督と 競泳・女子100平、青木玲緒樹

(TOKYO2020+1)二人三脚14年、才能信じた監督と 競泳・女子100平、青木玲緒樹

2021年04月21日 更新

日本競泳界でいち早くワットバイクをトレーニングに採り入れた、東洋大学・平井チームの平井伯昌監督。そして、最も熱心に取り組んだ、青木玲緒樹選手(ミズノ)。

14年という途方もない年月の末に辿り着いた素晴らしい場所、そこに至るまでの素敵なストーリーです。

--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------*--------


(TOKYO2020+1)二人三脚14年、才能信じた監督と 競泳・女子100平、青木玲緒樹



時間をかけて、答えを出す。女子100メートル平泳ぎで東京五輪代表に内定した青木玲緒樹(れおな)(26)=ミズノ=はそんな人だ。

 ■やめようと思った時、何度も救われた/大学4年で開花、今年つかんだ初切符

3年前、練習拠点のプールでインタビューをしたときのこと。小学生時代から指導を受ける平井伯昌(のりまさ)監督(57)の言葉で、一番印象に残っているものを聞いた。

 「う~ん。ちょっと、考えてもいいですか」

 1時間じっくり話を聞いても、答えは出なかった。「また、思い出したら連絡しますね」

 荷物をまとめてお礼を言い、最寄り駅に向かって歩いていたときだ。

 「すみません、思い出しました!」

 自転車に乗った青木が、追いかけてきてくれた。

 「自分に期待しろ、って言われたんです」

 何度も水泳をやめようと思った。

 最初は中学3年のとき。「水泳ばかりではなく、勉強して」と親から言われ、あっさりやめようとした。

 「長い目でみてください」「タイムが伸びるのは大学生や、社会人になってからです」。平井監督がそう両親を説得し、踏みとどまった。

 平井監督が指導する東洋大に進み、卒業後の進路を考えていたときは本気でやめようとしていた。

 同じ平泳ぎには、リオデジャネイロ五輪で金メダルをとった金藤理絵、2学年下にはロンドン五輪にも出た渡部香生子(かなこ)がいた。「自分には才能がない。続けるレベルじゃない。トップにもいけないし」

 五輪2大会連続金メダルの北島康介らを育てた平井監督だけは、青木の才能を信じていた。




小学3年のときにほれ込んだ脚力の強さを生かしつつ、腕のかき方、ターンの動作など細かい技術を根気強く教えた。

 大学4年で迎えた日本選手権。中学2年から出場してきた国内最高峰の大会で、初めて自己ベストを更新した。いままで押しつぶされてきた重圧にようやく打ち勝った。

 そのタイミングで、平井監督に声をかけられた。「続けてみたらどうだ」

 そして、今がある。

 4月5日にあった東京五輪代表選考会の女子100メートル平泳ぎ決勝。2位で初の五輪を決めた青木は、大粒の涙をこぼした。



 「ずっとずっと、緊張して、昼寝もできなくて。2番でもいいから、行きたかったのでうれしい」

 本番での目標を聞かれると、きっぱり言った。

 「平井先生に、メダルをかけたい」

    ◇

 「コーチが我慢しようと思ったんですよ」。平井監督は、14年にわたる青木の指導をこう振り返る。

 「(14歳でバルセロナ五輪金メダルの)岩崎恭子さんのように、若いときから自分の気持ちをコントロールするのがうまい子はいる。玲緒樹はポテンシャルがすごいのに、緊張しやすかったり、技術の習得に時間がかかったりする」

 何人もの五輪メダリストを育てた名伯楽も、5日の決勝では手に汗を握った。「北島康介、萩野公介の両コウスケのオリンピックの金メダルのレースよりも、緊張した」

 喜びもそこそこに、「最後、負けたのが……。そういうところを直してもう一度『恩返し』と言って欲しい」。愛(まな)弟子への注文を忘れなかった。

 (照屋健)


出所:朝日新聞, 20210409

承諾番号:「21-1332」

※当該記事を朝日新聞社に無断で転載することは禁じられています。

ご注文

ORDER

ご注文はクレジットカード決済および銀行振込よりお選びいただけます。

詳細

法人、プロスポーツ選手には、提携会社による分割払い(3年)制度のご案内も可能です。
ご希望の方はお問合せフォームからご連絡ください。

アフターサービス

AFTER-SALES SERVICE

組立方法や修理対応についてなど、ご購入後のアフターサービスについてご覧ください

お問い合わせ

CONTACT

  • 03-3421-5354
  • info@wattcycling.jp