ニュース・コラム

【ガールズケイリン 小林優香の現在地】

2022年09月05日 更新

当社がサポートしている、小林優香選手は今般、自転車競技における活動を終了しました。今後は活動の場をガールズケイリンに移し、ガールズケイリン選手として益々の活躍が期待されます。

自転車競技においては東京オリンピックをはじめ数多くの国際大会で日本代表として7年間、活躍してきました。今回の決断に至るには、小林選手の中でも様々な葛藤があったことは容易に察しられますが、その経緯につき簡単にご紹介いたします。



ナショナルチームの一員として活動中、3月21日に開催された、ガールズケイリンのグレードレースに出場しましたが、その後より、体調に違和感を感じることがでてきました。

5月中旬にカナダで行われた、ネーションズカップに出走しました。ケイリン種目で予選、準決勝を1着通過、迎えた決勝レースも残り2周の段階でよい位置につけながら、後方を走る選手たちのクラッシュによる大量落車に巻き込まれました。小林選手の落車状況、衝撃は特に酷いものでした。

その翌日に帰国、その後は6月のアジア選手権に向けてすぐにトレーニング再開となりました。本人は落車以降、腰に違和感を抱えたままでしたが、6月18~22日にインドで開催された、アジア選手権に出走しました。

帰国後は6月29日~7月1日に平塚で開催された、ガールズケイリン10周年特別レースに出走、そして7月16日から玉野で行われた、競輪のグレードレース初日予選レースを走った直後、腰痛により起立歩行困難となり同シリーズを途中欠場しました。

実家に戻り病院で精密検査結果、仙骨の疲労骨折など重傷であることが判りました。

そこからはナショナルチームを離れて慎重に療養、治療、リハビリという過程を経て今に至っています。

現在の状態ですが、多くの方々の温かいお力添えと小林選手本人の努力が相まって順調な回復プロセスに入っています。



Wattbike Japanによるワットバイクを使ってのリハビリ、トレーニングサポートは8月26日に開始しました。すべてのセッションの終了後、データファイルを本人フィードバックとともに送ってもらい、内容を分析、次のセッションメニューを提示するという作業を日々繰り返しています。

最初はレベル1、80回転前後(Pro)の低強度で10~20分間の継続漕により正しいペダリング動作の徹底を促しました。もちろん痛みの出ない範囲で行うことを大前提に行っています。当初はどうしても怪我の影響を負っている左脚の動きが不安定で再現性も低い状態でした。しかし、小林選手の状況理解度、適応力は高く、回を追うにつれて、Polar View形状に著しい改善が見られるようになりました。

現在は次のフェーズとして、特に心肺能力を取り戻すことを主眼に持久力トレーニングに入っています。設定ワットを決めて負荷をコントロールしながらの1分オン・1分オフ(8セット)インターバル、20分ビルドアップ(レベル固定で回転数漸増)、ペース設定して1km漕のレペティションなどを行っています。

ペダリングの向上とともに確かなベース持久力の向上が確認できています。

本人は苦悩、焦りを抱えながらであるとは思いますが、小林優香選手のガールズケイリン復帰への取り組みは現在、非常に順調です。多くの方々に支えられている面が大きいですが、小林選手が持つ、並外れた意志の強さが大きな動力源であることは間違いありません。

一方で、当社はアスリートのサポートをする側として何よりも大事なことは選手を常に健康な状態で練習、試合に臨ませることだという原則を忘れずに、今後も小林優香選手のサポートを継続していきます。

小林優香選手が再びガールズケイリンの場で輝きを放つ日を楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

ご注文

ORDER

ご注文はクレジットカード決済および銀行振込よりお選びいただけます。

詳細

アフターサービス

AFTER-SALES SERVICE

組立方法や修理対応についてなど、ご購入後のアフターサービスについてご覧ください

お問い合わせ

CONTACT

  • 03-3421-5354
  • info@wattcycling.jp